永久脱毛は本当に永久?

脱毛の効果は永久なの?

医療機関で受けられる医療レーザー脱毛といえば、「永久脱毛」というイメージが強いといえるでしょう。
でも、「永久脱毛」って、本当に「永久」なのでしょうか?

特に医療レーザー脱毛は、永久脱毛だと信じるのは当然のような気がします。

永久脱毛は「毛が二度と生えない」ではない!

でも、実は永久脱毛というのは、「毛が二度と生えない」という意味ではないのです。
ではあからさまに医療機関が嘘の宣伝をしているのかというと、そういうわけではありません。

一体、どういうこと?

混乱するのは当然でのことかもしれませんが、実は、永久脱毛という定義が一般にイメージするものと異なるからなのです。

「永久脱毛」=「二度とムダ毛が生えてこない」

これが違うのです。

米国電気脱毛協会や食品医薬品局(FDA)の永久脱毛の定義によると、

・ 最後の脱毛から1か月後、毛が再び生えてくる確率が20%以下であること

・ 3回の脱毛施術後、6か月が経過した時点で毛が3分の2(67%)以上減少していること

と、なります。

最終脱毛から1か月後の毛の再生率が20%以下であれば、「永久脱毛」になりますので、1か月経過したころにムダ毛が少し出てきたなあと思っても、毛の再生率が20%以下なら永久脱毛となるのです。

毛の再生率20%以下、これがどの程度なのか?
よくわかりません。少なくとも自分で判断できないことでしょう。結局は医療機関の先生に「永久脱毛の効果が出てますよ」と言われたら、事実かどうか、納得するかどうか、そのようなことは関係なく、ただただ頷くしかないかもしれませんね。

だったら永久脱毛にこだわる必要ってある?

永久脱毛をしても、毛が生えないわけではありませんし、費用も高額になるし、施術中の痛みなどもあったりするので、無理にこだわる必要はない気もします。
もちろん、これで納得のいくキレイな肌が手に入り、毛を極限まで減らせるのは事実でしょうから、否定するものではありません。

でも、考え方はそれぞれ。
除毛クリームで自宅処理をするのを、選択肢の中に入れても良いのではないでしょうか?

関連記事

  1. トンスラ(tōnsūra)

  2. 古代ギリシアと古代ローマ、それぞれの脱毛理由

  3. ネアンデルタール人も脱毛?

  4. 江戸の湯屋には「毛切り石」

  5. 世界のムダ毛処理事情(トルコ編)

  6. 体毛の役割と進化の過渡期