Auripigment

オーリピグメント

ラテン語ので黄金色の顔料を意味するオーリピグメントム(auripigmentum)に由来する石黄ですが、これはヒ素の鉱石鉱物の一つです。日本では北海道の定山渓、青森県の恐山、群馬県の下仁田町にある西ノ牧鉱山などで知られています。

かつて黄色顔料として利用されていましたが、現在は毒性が明らかになったため、ほとんど用いられていません。

さらに、古代ギリシャ、古代ローマ帝国、古代中国では、医薬品や化粧品として扱われ、取引されていました。その中で、古代オリエントではムダ毛処理に使われていました。

いわゆる脱毛剤ですが、石黄(Auripigment)に消石灰、デンプンを混ぜ合わせてペースト状にして使用していました。これが「Rhusma turcorum」という脱毛剤です。
古代オリエントの女性は、毒性のある「Rhusma turcorum」を日常的に使っていたわけですから、今から考えれば恐ろしい話です。

関連記事

  1. 危険な「抜く」脱毛方法

  2. 女の平和(Λυσιστράτη)

  3. 体毛の役割と進化の過渡期

  4. ムダ毛処理と毛の太さ

  5. 世界のムダ毛処理事情(チェニジア編)

  6. 電気分解法(Galvanic electrolysis)の脱毛