オペラシオン・ビキニ(operación bikini)

ムダ毛処理をしたら、次はオペラシオン・ビキニ!

2019年8月、スペインのバルセロナ市議会が、日本ではありえない内容のことを発表しました。
何と、市営プールで女性が「トップレス」になることを容認するという内容だったのです。

え?

市民プールでトップレス?

このニュースは世界に配信されましたが、日本では話題にはなりませんでした。

スペインに限らずヨーロッパでは、ビーチでもプールでも女性が上半身裸になるのは、特段珍しいことではありません。日本人には奇異な光景かもしれませんが、おそらく文化の差といえるでしょう。

また、スペインでは夏が近づいてくると、「オペラシオン・ビキニ(operación bikini)」という言葉が聞かれるようになります。
直訳では、「ビキニ手術」ですが、要するにビキニになるために、見られても良い体にすることです。ダイエットだったり、たるんだ腹部を鍛えたりするわけです。

さらに、ビキニだけでなく、トップレスになることも多いわけです。

ある調査によると、スペインでは、女性の48%がビーチでトップレスになったことがあると回答しているそうです。ドイツ人は34%で、フランス人は22%です。
さらにトップレスだけでなく、ビーチで真っ裸になった経験では、スペイン人が20%という回答をしているのだとか。

コロナ収束後の夏、ムダ毛処理して海に出かけることもあるでしょうが、外出自粛でたるんだ体をオペラシオン・ビキニにすることも大事かもしれません。勇気があればスペインのビーチにも行きたい気がします。

関連記事

  1. 睡眠とムダ毛の関係

  2. 理容師は「医師」だった?

  3. ワキ毛処理=エチケットは本当か?

  4. 脱毛の効果と弊害(フランス編)

  5. 世界のムダ毛処理事情(ドイツ編)

  6. ヨーロッパ中世の怪しいムダ毛処理