色素沈着

色素沈着とは

ムダ毛処理をしたのは良いものの、それが原因で色素沈着となったら、それは大問題です。

肌への繰り返し刺激を与えることで、色素沈着する危険性は、ムダ毛処理にはつきものといえます。
特にワキはよく目立ちます。
そればかりでなく、皮膚炎になったり、毛穴が盛り上がったり、あるいは埋没毛などになる場合もありえます。

では、この色素沈着とは何でしょうか?

色素沈着は、メラニン色素が関係します。
このメラニン色素の生成と排泄のバランスが崩れ、メラニン代謝のサイクルが狂います。
その結果、メラニン色素が過剰に皮膚内に蓄積されてしまう現象です。

正常な状態であれば、ターンオーバーによって排泄されていきますので、色素沈着による黒ずみは起きません。これが狂うことで、局所的に色素が沈着したままになってしまうのです。

色素沈着の原因は

では、色素沈着はなぜ起こるのでしょうか?

その原因は、脱毛だけでなく様々な原因があります。

身近な原因としては、マッサージなども挙げられます。
肌への刺激が強すぎるマッサージは原因になる可能性もあります。
同じように肌への刺激ですから、ナイロン製、あるいは合成繊維なども摩擦により刺激に変わる可能もあります。

ムダ毛処理なら、一番危険性が高いのは剃毛でしょう。

十分に注意する必要があります。

関連記事

  1. 脱毛・除毛・抑毛の違いとは

  2. サンドハムン島(Sandhamn)

  3. ワキ毛処理は97%の女性が経験済み!

  4. 埋没毛をどうする?

  5. 水泳のタイムを縮めるには

  6. 魅せ肌リゾート