体毛が守るもの

体毛が大切な臓器を守る?

一般的に体毛が生えている理由とは、「体温維持」だけでなく外部の刺激を保護することといわれています。その外部刺激には、紫外線も含まれます。

これが事実であるなら、ムダ毛に限らず、毛が濃い場所は、大切な臓器などがある場所となります。

上から、頭髪、これは脳のある場所ですから、とても大事です。
男性なら髭、女性は?
ワキ毛はリンパに血管でしょうか。
デリケートゾーンは生殖器。

確かに体毛が守っている気がしなくもありません。

でも、頭髪を除けば、ムダ毛に分類されるものです。
臓器を守る体毛をなくして良いのでしょうか?

疑問に思う人もいるのではないでしょうか。

安心してください。
坊さんは頭髪がありませんし、イスラム教はデリケートゾーンがツルツルです。

体毛がなくて問題が発生したという話は聞きません。

体毛が守るものがあっても、除去してもOK

つまり、現在の人類には体毛がなくても大丈夫ということです。

関連記事

  1. トンスラ(tōnsūra)

  2. ムダ毛を剃るときの注意点

  3. ナディーン・ラバキー(Nadine Labaki)の「キャラメル」

  4. 世界のムダ毛処理事情(ドイツ編)

  5. ライプツィヒ大学(Universität Leipzig)研究チーム

  6. ムダ毛処理と抑毛効果