VIO脱毛をするかしないかはあなた次第

VIO脱毛について、フランスより

フランスの生理用品「Nana」のサイトには、VIP脱毛に関連するページがあります。
Conseils pour l’épilation de vos poils pubiens」というページです。一部を引用させて頂き、抜粋して紹介したいと思います。
ただ、残念なことにフランス語は分からないので、直接翻訳したわけではなく、Deeplの自動翻訳でドイツ語にしてから、日本語にしたものをベースにしています。そのため、誤った箇所がありましたら、それは迂回させて翻訳しているこちら側の責任です。もし、そのような点がございましたら、ご指摘頂けるとありがたく思います。

まずタイトルの「Conseils pour la toilette intime de vos poils pubiens」ですが、これを直接日本語に自動翻訳すると、Googleでは「あなたの陰毛の親密なクレンジングのためのヒント」になり、Deeplでは「陰毛の親密なクレンジングのコツ」でした。なんだかわかるようなわからない訳なので、やはりDeeplでドイツ語に翻訳します。

すると結果は、「Tipps für die intime Reinigung Ihrer Schamhaare」となりました。
なるほど、これなら「アンダーヘアのお手入れのコツ」とでも訳せばわかりやすいかもしれません。

それでは中身に入っていきます。

女性だけでなく男性も含めて、アンダーヘアを部分的であれ、完全であれ、脱毛することはフランスでは一般的です。しかし、実際に脱毛するかしないかは、あなた次第だとしています。

そもそもアンダーヘアには機能があって、それは感染症対策として、デリケートを保護するためのものです。ただし、これをお手入れしようがしまいが、健康には影響を及ぼしません。

この部分を脱毛する場合には、カミソリ、脱毛クリーム、あるいはワックスなどが必要です。高価なレーザー脱毛という方法もあります。ほとんどの女性は、自分にお手入れ方法を選ぶ前に、いろいろと試しています。

そこで、脱毛後のVIOゾーンのお手入れについてです。
剃ったり、ワックスで抜いたりしたあとには、肌が敏感になっていることがあります。この場合は、サイズのきつい服を着ないでください。衣服との摩擦により刺激が増大してしまいます。この敏感時期はたいてい2日以内には治まりますが、それでも続く場合には、使用しているカミソリ、クリーム、またはシェービングフォームなどが自分の肌に適しているどうかを確認してください。

ワックスは、脱毛をすばやく行う方法で、仕上がりも滑らかで、持続期間も数週間に及ぶため人気があります。ただし、巻き毛になることもあります。パニックにならず、シャワーを使いながら静かに剥離していくことで、防止することもできます。

この先で「Nana」の製品に関連させた話へと続いていきます。
当然、製品詳細にはリンクが貼られています。

関連記事

  1. 除毛や脱毛の注意点

  2. 電気分解法(Galvanic electrolysis)の脱毛

  3. 9割以上の脱毛男子が女子の「ムダ毛」にショック!

  4. STAY HOMEで永久脱毛はできる?

  5. 脱毛の効果と弊害(フランス編)

  6. ナチュラリストもムダ毛のお手入れ