「カミソリ」と「除毛クリーム」の比率

日本はまだカミソリ派が多い!

2015年の記事ですが、「Can Cam.jp」に「カミソリ」と「除脱毛剤」の比率について掲載されていました。

この記事の提供元はレキットベンキーザー・ジャパン株式会社になっていました。

すごく興味深い内容だったので、引用させて頂きます。

まずは日本からです。

日本におけるムダ毛処理市場
カミソリ 80%
除毛クリーム 20%

2020年には比率が変わっているかもしれませんが、それでもカミソリが圧倒的に多いのが分かります。
おそらく、日本ではまだまだ除毛クリームの認知度が低いのかもしれません。

次にフランスです。

フランスにおけるムダ毛処理市場
カミソリ 40%
除毛クリーム 60%

フランスではワックスも多く使われるはずですが、そこは無視してこの割合です。
続いてイタリアです。

イタリアにおけるムダ毛処理市場
カミソリ 34%
除毛クリーム 66%

イタリアではフランスより除毛クリームの比率がさらに高くなっています。

除毛クリームの場合、肌にあう、あわないの問題がありますが、カミソリも使い方によっては肌に負担がかかります。
そのような基本的な情報についても、日本ではまだまだなのかもしれません。
また、医療脱毛やエステなどの選択肢もありますが、上記の数値では、そこは加味されていません。
データ元や集計方法がわからないので、何ともいえないのですが、あくまで参考として見るのが良いのかもしれません。

関連記事

  1. クレオパトラのムダ毛処理

  2. 埋没毛をどうする?

  3. 世界のムダ毛処理事情(中国編)

  4. 体毛の役割と進化の過渡期

  5. 脱毛・除毛・抑毛の違いとは

  6. バルト海での休暇