女性の「ヒゲ」のお手入れ

女性の究極のムダ毛は髭かも!

日本人の女性の場合、欧米の女性と比較して「ヒゲ」を神経質になるほど気にする人は少ないかもしれません。
ゲルマン系でもスラブ系でも、要するに比較的寒い地域の欧州の女性たちは、男性並みとまでいかなくとも「ヒゲ」というムダ毛が多かったりします。必然的にお手入れは重要視されます。

ただ、女性の「ヒゲ」がホルモン障害に基づいている場合、単にお手入れだけの問題とは限りません。

ケルンの皮膚科医アンネ・フンゲブルク博士の言葉とともに、「HAUTARZT ZENTRUM KIEL」の一部を引用させてもらいましょう。

Die Körperbehaarung gilt als typisches Merkmal der Geschlechter und spielt eine nicht unerhebliche Rolle, wie attraktiv wir „ihn“ oder „sie“ finden. Mit Beginn der Pubertät sorgen männliche Sexualhormone, sogenannte Androgene, die in geringen Mengen auch im weiblichen Körper vorkommen, für die geschlechtsspezifischen Behaarungsmuster: Bei der Frau entwickeln sich in den Achseln und im Schambereich, beim Mann zudem an Oberlippe, Wangen und Kinn sowie an der Brust aus dem zarten Flaum, der den gesamten Körper bedeckt, kräftige, pigmentierte Haare. Sprießen bei der Frau an Oberlippe, Kinn oder Wangen sichtbare Haare, empfinden Betroffene sich oft als unattraktiv, unweiblich und manchmal regelrecht entstellt. Einzelne störende Härchen können einfach ausgezupft werden. „Doch wächst sich die Behaarung zu einem sogenannten Damenbart aus, ist der Leidensdruck oft groß“, berichtet Dr. Anne Hundgeburth, Hautärztin in Köln.

体毛は男女の典型的な特徴と考えられています。しかし、「彼」や「彼女」がどれだけ魅力的に感じられるかという点では、体毛は大きな役割を果たしていません。思春期の始まりとともに、男性ホルモン、いわゆるアンドロゲンは、女性の体内でも少量ながら発生し、性別固有の毛髪のパターンを提供ていきます。女性の場合には、強く、色素が沈着した毛髪で、ワキの下や陰部に発毛し、男性では上唇、頬、顎だけでなく、体全体をカバーしている部分から胸の上にも生えてきます。女性の上唇、顎や頬に目に見えるレベルの発毛がある場合には、しばしば自分自身が魅力的ではない、女性らしくない、さらには、醜いとまで思ってしまうことがあります。もちろん個々の不要な毛は、ムダ毛処理としてお手入れすることができます。
「しかし、ムダ毛がいわゆる女性のヒゲにまで成長すると、その苦しみはしばしば大きなものになります」とケルンの皮膚科医、アンネ・フンゲブルク博士は語っています。

Betroffen sind nicht selten schon junge Frauen, häufig vom südländischen Typ. Meist liegt eine genetisch bedingte Überempfindlichkeit der Haarfollikel auf Androgene zugrunde. Auch in den Wechseljahren, wenn der Anteil weiblicher Sexualhormone sinkt, kann es zu einem unliebsamen Bartwuchs kommen.

最初の「Betroffen sind nicht selten schon junge Frauen, häufig vom südländischen Typ」ですが、うまく訳せません。「südländischen Typ」を素直に訳せば「南部型」となりますが、これだと具体的に何を指すのか分かりません。南ヨーロッパの地中海地方なのか、ドイツ南部のアルプス地方なのか、大変申し訳ないことに分かりません。
極めて素直に訳せば「南部タイプの若い女性が影響を受けるのは珍しいことではありません」となります。
これでは意味不明なので、ここはスルーして、以下を訳していきます。

ほとんどの場合、毛包は遺伝的にアンドロゲンに対して過敏になっています。女性ホルモンの分泌量が減少する更年期には、不快なヒゲが成長していく可能性もあります。

ここも最後の文章は「in den Wechseljahren」の訳し方が微妙な感じです。素直に訳せば「更年期障害」となりますが、ここで伝えたいことは、女性ホルモンの減少による女性の「ヒゲ」発生についてなので、上記のようにしました。

取り上げたのは良いものの、なぜかこの記事は日本語訳に手間取ったので、この続きは機会があればに致します。失礼しました。

関連記事

  1. STAY HOMEで永久脱毛はできる?

  2. リゾートホテルのプールでムダ毛処理!

  3. ステロイドとストレスとムダ毛

  4. オウィディウスの「変身物語」

  5. 医療レーザー脱毛のリスク

  6. ムダ毛脱色はどうでしょうか?