Hygiene・ハイジニーナ

無毛という選択肢

「hygiene」というのは、「衛生学・衛生管理」を意味するもので、ここから美容業界では「ハイジニーナ」と呼称しています。
俗語では「パイパン」です。

この語源は、麻雀牌の「白」だそうです。
この「白」は「白板」で、読み方が「パイパン」となります。あるいは、「白牌」の漢字をあてるようです。
ちなみに中国の俗語では「白虎」と呼ぶそうです。しかも「白虎」は結婚すると幸せになれるといわれているそうです。

要するにデリケートゾーンのムダ毛処理をして、アンダーヘアが生えていない女性のことをさす俗語です。

メリットはいくつかあります、代表的なものをまとめてみましょう。

美容目的ではなく、衛生上のものとして、雑菌の繁殖を抑え、清潔が保てることが一番です。
またこれは、汗腺から出る汗と雑菌によって、臭いがきつくなることも予防することが可能となります。
女性の場合は、生理の際の経血による蒸れ防止にもなります。
美容面では、恥丘が滑らかになることで、美しいフォルムになる、少なくともそのように感じることが考えられます。

この脱毛方法としては、ブラジリアンワックス脱毛が主流になっています。

関連記事

  1. 「カミソリ」と「除毛クリーム」の比率

  2. 体の「冷え」とムダ毛の関係

  3. ナチュラリストもムダ毛のお手入れ

  4. トンスラ(tōnsūra)

  5. ルネサンス美術のムダ毛処理

  6. 世界のムダ毛処理事情(中国編)