ライプツィヒ大学(Universität Leipzig)研究チーム

男のムダ毛処理調査結果!

少し古く、原文も一部しか読んでいないので、もしかしたら正確ではないかもしれませんが、あえてそれを承知でお伝えします。

ドイツのライプツィヒ大学研究チームが2009年に男性のムダ毛処理について調査しました。
調査できた人数は2,500人程度だっと思います。

それによると、18~24歳の男性では、以下のような結果になっていました。(勝手に抜粋)

ムダ毛処理をしていますか。
・ムダ毛を定期的に手入れしている:35%

どこを処理していますか。
・ワキ毛を手入れしている:75%
・局所を手入れしている:75%

ムダ毛処理をしている理由は何ですか。
・衛生的にするため:66.5%
・身体を美しくするため:49.5%
・よりより性行為のため:25.5%

ライプツィヒは旧東ドイツの都市ですから、2009年といえば、ドイツ再統一をしてから19年後です。
さらにいうと東ドイツ時代はカール・マルクス大学でした。そして、森鴎外も留学していた大学です。

旧カール・マルクス大学でこのような研究・調査とは驚きです。

それにしても、ドイツ人の男性のムダ毛処理の調査結果は興味深いものです。

関連記事

  1. トンスラ(tōnsūra)

  2. 理容師は「医師」だった?

  3. 電気分解法(Galvanic electrolysis)の脱毛

  4. 男性のムダ毛処理の常識が変わる?

  5. 古代アラブの脱毛方法

  6. 9割以上の脱毛男子が女子の「ムダ毛」にショック!