除毛クリームの仕組みとは?

ムダ毛を溶かす!

脱毛と除毛の違いは以前にメモしたことがありますが、その仕組みをご存じでしょうか?

脱毛・除毛・抑毛の違いとは

除毛クリームは、そ「ムダ毛を除く」クリームで、除毛の主役はクリームです。

ムダ毛を除くために、溶かすことになります。
なんだか、「溶かす」というと怖い気がしますが、ムダ毛の主成分はたんぱく質なので、これを溶かすわけです。
この「溶かす」成分を配合したクリームを塗り、ムダ毛を処理するものですので、無理やり毛を抜くわけでもなく、剃るわけでもないので、簡単に、しかもきれい処理できるということです。

実に便利な除毛クリームですが、使い方を間違えてはいけません。
もし間違えて使って、肌に大きなダメージを与えてしまったら、ムダ毛処理どころではありません。

ムダ毛を溶かす成分とは?

では、ムダ毛を溶かす成分とは何でしょうか?

それは「チオグリコール酸カルシウム」です。

もしかしたら聞き慣れない成分なので、

危険じゃないの?
副作用あるんじゃない?

と不安になる人もいるかもしれませんね。

でも安心してください。
医薬部外品として厚生労働省の認可を受けている成分なのです。
だから、除毛クリームで自宅で簡単にムダ毛処理ができるわけなのです。
国が認可しているわけですから、危険性は皆無とはいえなくとも、極めて低いと言って問題ないでしょう。

問題があるとしたら、繰り返しになりますが、間違った使い方です。

副作用はないの?

ムダ毛だけにクリームが塗布できれば良いのですが、どうしても肌にもある程度の負担がかかるのは事実です。
なので、肌に付着したクリームが、場合によっては副作用になることもあります。肌トラブルです。

クリームを取り除いた後、肌が荒れたり、痛みを感じることもないとはいいきれません。
もちろん、これは可能性の話なのですが、効果があるものは、それだけ副作用が原因の可能性もありえなくはないのです。

対処法は?

やはり、除毛クリームを使用する場合には、ムダ毛処理後に肌をケアすることが重要です。
ヒアルロン酸などの成分が入ったローションとセットで使うのが、最もリスクの少ない賢い方法といえるでしょう。

関連記事

  1. 毛母細胞の破壊

  2. ムダ毛処理後の保湿ケアの重要性

  3. 脱毛と紫外線の関係

  4. 世界のムダ毛処理事情(フィンランド編)

  5. トンスラ(tōnsūra)

  6. 天空の女神ヌト