ムダ毛脱色はどうでしょうか?

ムダ毛を除去しないというお手入れ方法

ムダ毛処理として、除去するのではなく、脱色するという方法があります。
カミソリも使わす、除毛クリームも使わず、ムダ毛を残したまま、ムダ毛の色を抜いて目立たなくさせる方法です。

これって、どうなのでしょうか?

まずいえるのは、ムダ毛を脱色するだけなので、肌を傷つけるリスクが少ないという点でしょう。
肌荒れのリスクが提言されるので、これは大きなメリットといえるかもしれません。

しかも、カミソリで剃るよりは、お手入れ頻度が少ないといえるかもしれません。

しかし、考えてみてください。

物理的にはムダ毛が存在しているわけです。無くなるわけではないのです。
単に色を抜いて、目立たなくしているだけでなのです。

特に夏の太陽光が浴びる、例えば海やピールでは、ムダ毛が光に反射してしまう可能性があります。
もし、そんなことなら、逆に目立つこおtになるかもしれません。

やはり、脱毛・除毛が良いのでは?

関連記事

  1. 世界のムダ毛処理事情(トルコ編)

  2. ワキ毛とスネ毛の役割

  3. ムダ毛処理はコーランの教え!

  4. 体毛が守るもの

  5. ステロイドとストレスとムダ毛

  6. 女性の体毛をめぐる新しい論争