脱毛と紫外線の関係

ムダ毛処理をしたら、魅せる肌になって、大胆になれると考えるのは自然なことかもしれません。
肌がムダ毛から解放され、明るいトーンになります。太陽光線も浴びたくなるのも分からなくありません。

しかし、脱毛した後は、肌が敏感になっいる時期です。不用意な刺激には注意なのです。

紫外線を受けると

紫外線は肌には厄介な存在です。
肌の天敵ともいえるのです。なぜなら、肌の老化を加速させるからです。
コラーゲンを破壊し、黒ずみの原因になったり、シミやしわができたりと、かなり危ないといえるのです。

これはムダ毛処理をした部位だけでなく、肌全体にいえることですが、特に脱毛後には注意が必要です。

ムダ毛を処理する、脱毛する、ということは、特に肌が敏感になっているからです。

だからこそ、脱毛後は紫外線の刺激を避けるようにしましょう。
できれば、せっかく美肌にしたのがもったいないと思うかもしれませんが、できるだけ肌を出さないようにするほうが良いといえます。
さらに紫外線が強い時期は、日焼け止めクリームの使用も必須といえるでしょう。
ただし、紫外線吸収剤の入っているものは避けましょう。

関連記事

  1. 欧米人種の体毛とは? 色・濃さ

  2. ムダ毛を成長させるホルモンは?

  3. ジュリア・ロバーツ(Julia Fiona Roberts)の「 Notting Hill」

  4. 体毛の役割と進化の過渡期

  5. テストステロン(testosterone)

  6. 江戸の湯屋には「毛切り石」